ノルディックウォーキングとは?


nordic-1

ノルディックウォーキングは、約80年前にクロスカントリースキーチームの夏場のトレーニングとしてフィンランドで始まりました。現在、世界40ヶ国を越える国でノルディックウォーキングが行われており、フィンランドでは成人人口の20%にあたる82万人もの人が日常的に実施しています。
ノルディックウォーキングは、専用のポールをリズミカルに突きながら歩くことで全身の筋肉が刺激を受け活動します。それにより普通のウォーキングよりエネルギー消費量が約30~40%も増加します。つまり、体力づくり、スタミナアップ、減量などにとても効果的です。また、単にポールを突くのではなくノルディックスキーのように斜め後方にポールを押しながら歩くので、自然と胸が開き姿勢が綺麗になます。それによって肩や首のコリの解消、肩甲骨の可動域の改善にも有効です。

フィットネスや健康ライフ、無理のないスポーツとして最適

  • 何かスポーツを…という方に無理なく始められ、高脂血症や高血圧で過度の運動ができない方に。効果的な全身運動は医学会でも注目されています。
  • シニアスポーツを考えている方に運動の負荷をコントロールし、年齢の異なる方、運動不足の方などがいるグループでも同じ歩調でウォーキング。健康的なライフルタイルを保つスポーツです。
  • 体重が気になる方にメタボリックシンドロームにも最適。場所や時間、季節を問わずウエイト・コントロールを始められます。
  • 運動不足のお子さまたちにストレス・偏食などで太り気味の子供たちも、友だちや家族といっしょに楽しくスポーツができます。
  • スクールスポーツとして運動能力に左右されず、協調性を学ぶグループ活動には最適。林間学校など野外で行える楽しいスポーツです。
  • フィットネススポーツとして関節やヒザに負荷をかけず、エアロビ効果によるスタミナアップと同時に筋肉のバランスも調整します。
  • 効率のよい運動効果をもとめる方に効果的な有酸素運動としてトレーニングメニューに。通常のウォーキングよりも30〜40%も高いカロリー燃焼率が実証されています。
  • ランナーの方に背中、首、上半身を鍛えるだけでなく、姿勢の矯正、腕の振りにも効果的。ランナーズニーの予防、レース以降の調整にも適しています。
  • 企業の福利厚生のひとつとして施設などの契約もなく、ポールさえあれば社員の方々のストレス解消に、会社の負担も最小限ですみます。

nordic-2